• Home
  • Information
  • Profile
  • News
  • Consultation
  • Rules
  • Admission
  • Links
Rules

会員の心得

私達は、積算業務を専門とし、建築経済を追求する技術集団として
建築生産の健全なる発展のために貢献していきます

私達は、公正なる立場で業務を遂行し、広く社会の信頼に応えていきます

私達は、技術を磨き、知識を生かし、建築物の経済効果を高める努力と
研鑽に励み、依頼者の安心と期待に応えていきます

私達は、誇りと責任を堅持し、人格の陶治に努め率先して
建築積算界の発展に尽くしていきます

一般社団法人 日本建築積算事務所協会 平成15年8月制定

ページの先頭へ

一般社団法人 日本建築積算事務所協会 定款(抜粋)

第1章 総 則

名称

第1条
本法人は、一般社団法人日本建築積算事務所協会
(英語名:Japanese Association of Quantity Surveyors、略称:JAQS)と称する。

事務所

第2条
本法人は、主たる事務所を東京都港区に置く。

第2章 目的及び事業

目的

第3条
本法人は、建築コスト管理業務を行う建築積算事務所等の適正な運営と技術向上
並びに職能倫理の確立を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。

事業

第4条
本法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. (1) 建築積算事務所の経営管理に関する調査研究事業
  2. (2) 建築コスト管理業務の健全なる普及に関する事業
  3. (3) 建築コスト管理技術に関する教育・研修事業
  4. (4) 建築コスト管理に関する調査研究事業
  5. (5) 建築コスト関連情報の収集、分析および公表、刊行事業
  6. (6) 建築コスト管理業務を通じ社会に貢献する事業
  7. (7) 建築コスト管理業務に関する保険に関わる事業
  8. (8) 国内、国外関連団体等との事業協力及び交流事業
  9. (9) その他本法人の目的を達成するために必要な事業

第3章 会 員

法人の構成員

第5条
本法人は、本法人の事業に賛同する法人又は個人であって、次条の規定により
本法人の会員となった者をもって構成する。
2 前項の会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
(以下「一般社団・一般財団法」という。)上の社員とする。

会員の資格の取得

第6条
本法人の会員になろうとする者は、別に定めるところにより
申込みをし、理事会の承認を受けなければならない。


(以上、本会会則の抜粋)

ページの先頭へ