このたびの東日本大震災による被災者の皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
東北地方太平洋沖地震による災害は地震、津波及び原子力発電所の事故をもたらし、多くの方々に多大な損害を与えています。
  
当面の被災者への支援と同時に、新たに今後のまちづくり、住まいづくりの見直しが必要となります。
  JAQS
(日本建築積算事務所協会)としましては支援・復旧に専門家としての技術を提供し、安心・安全な国づくりにご協力いたします。





 一般社団法人日本建築積算事務所協会東海地域会(通称JAQS東海)は、東海地域(愛知・岐阜・三重・静岡)の 積算事務所が集まった地域会です。
日本建築積算事務所協会(JAQS)を本部とし、 地域会員として9社(現在8社)、本部会員として9社(現在8社)の計18社と賛助会員1社にて活動を始めました。
 我が国の積算関係の団体としては公益社団法人日本建築積算協会(BSIJ)があります。
BSIJは主に、建築積算士、コスト管理士等の個人の資格者制度を運営し、 建築積算の技術的水準および社会的向上を図っております。
 JAQSは建築の積算を本業とする専門事務所の全国組織で、 関東・東海・関西・中国四国に地域会を持つ全国で唯一の積算事務所の団体です。

 JAQS東海は、地域に重点を置き、地域を根ざした活動を目的に2005年3月26日 に設立されました。
 地域会としてのネットワークを生かし、共通の話題や情報の発信基地とし建築積算の 啓蒙活動等、公益社団法人日本建築積算協会東海北陸支部とも連携をとりながら、 積算事務所業界の地位向上に努めていきたいと考えております。